足利西ライオンズクラブ

「歴史のまち」のライオンズクラブ

わたしたち足利西ライオンズクラブは1967年(昭和42年11月)、足利ライオンズクラブのスポンサードにより、栃木県下第9番目のライオンズクラブとして会員47名をもって結成されました。1985年(昭和60年4月)にはさくら支部も発足。2017年現在は一般会員32名、さくら支部11名、合計43名で活動を行っています。

活動内容

当クラブの重点事業はさくら支部協力のもと、花火の後の清掃、年二回の献血会、足利市教育委員会との共同開催での53回目になるヤングの主張コンクール等、青少年の育成に力を入れると共に、重要文化財の保護活動も行っております。

さくら支部独自の活動として、老人福祉施設(福寿荘)において、慰問等の奉仕活動を続けております。またクラブ内でのチャリティーオークションも行っています。

スローガン

本年度のスローガンは「今こそ、一致団結!」です。

会長所信

足利西ライオンズクラブは、個性、想像力豊かな会員メンバー、さくら支部、家族会員とともに奉仕の心を大切に活動しています。

今年は、当クラブからライオンズ国際協会333-B地区の地区ガバナーに石橋貞ライオンが就任されるなど喜ばしいことが続いています。また、足利西ライオンズクラブ結成50周年を迎え、ライオンズマークの象徴でもあります過去、現在そして未来へ向け、新たな一歩を踏み出す覚悟でございます。今年のスローガンにも掲げました「今こそ、一致団結」を胸にメンバー全員、仲間とともに心ひとつに地域貢献はもとより世界平和へとつながる活動により一層邁進していきます。

足利西ライオンズクラブ 第50代会長 堀越一喜

333-B地区 ガバナー方針

ガバナー・スローガン 「元氣で奉仕」
アクティビティ・スローガン 「未来へ繋ぐ和の心」
ガバナー方針 「友愛と相互理解」
1 心が身体を動かす
2 寛容の精神
3 全てに感謝
4 会員増強と維持
5 積極的PR活動

ライオンズクラブ国際協会333−B地区 地区ガバナー 石橋貞

第99回ライオンズクラブ年次国際大会

2016年6月24日から28日にかけての5日間、「第99回ライオンズクラブ年次国際大会」が日本の福岡市で開催されます。

更新情報

メンバー紹介更新

2017年 8月10日 更新
メンバー紹介のページを更新致しました。

メンバー紹介更新

2017年 1月1日 更新
メンバー紹介のページを更新致しました。
正当なCSSです! 当ホームページは視覚に障がいをお持ちの方でも読み易いように、可能な限り下記の点に留意し、文章読み上げソフトに対応しております。
  • デザインの外部ファイル化
  • 見出しタグの整合性に留意
  • 画像ファイルの説明を付記
  • リンク先の明記
ページトップへ

足利西ライオンズクラブホームページのフッターメニュー

Copyright © 2009- Ashikaga Nishi LIONS CLUB. All right reserved.